家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP家づくりのプロを探す設計事務所を探す > 築設計工房 

築設計工房

紹介ページTOP 代表者PROFILE 作品紹介
会社概要

建物は、そこに住む人、設計する人、つくる人が三者一体となってつくっていくものです。たくさんの話し合いや打ち合わせの中から、建物の形や間取り、色、素材、さまざまなものを築いていく共同作業です。もちろん、お互いの信頼関係を築くことは大切な作業の一つです。

築設計工房では、建物を完成させることだけではなく、住む人が住みながら築いていける“プラスアルファ”の提案も行っています。
“築(きずき)” の一文字にはそんないろいろがこめられています。

会社名

一級建築士事務所 築設計工房 (きずきせっけいこうぼう)

所在地

〒904-2153
沖縄県沖縄市美里1531-1 コミュニティ美里 201

電話番号

098-934-8501

FAX番号

098-934-8501

URL

http://www.ne.jp/asahi/kizuki/okinawa/

E-mail

kizuki934-8501@okinawa.email.ne.jp
代表者 大城 義春 (おおしろ よしはる)

設立年

1999年

スタッフ

4人
これまでの仕事 戸建て住宅を数多く手がけています。

自社HPでも実績紹介中  GO!
相談するには お電話またはメールでお気軽にお問い合わせ下さい。相談料は無料です。
相談料 物件の内容などにより、相談によって決めます。
設計料 建設省告示1206号を基本にして、物件ごとに算出します。


一緒に創造していくことが楽しくなるように

築設計工房 代表者
大城 義春 「おまかせ下さい!」
 設計の仕事をするようになって13年になります。建築に進んだのは父が施工の仕事をしていて、それを見て育ったのがきっかけですね。

 “築(きずき)”という名称には、建物は住む人と設計する人、つくる人が三者一体となってつくっていくということ、良い建物をつくるには、お互いの信頼感が大切ですから、その信頼をつくっていくということ、そして、設計する私たちが住まいに必要なものをすべて提案するのではなく、住む人自身が自分たちで築いていける“プラスアルファ”を提案するということ、などの意味が込められています。


一緒につくる楽しみを
 人にはそれぞれスタイルがあります。住宅の打ち合わせをするときは、住む人が一番実現したいことを聞いていきます。すべてを聞いて、受け止め、いろいろ提案していくんです。スケッチや図面の段階では、何を言ってもいいんです。「こんなこと言ったら、ダメかな…」と思って、打ち合わせの場では口にせず、建物ができあがって「やっぱり…」と後悔することはしてほしくない。設計する僕の家ではなく、住む人のための家だから。 いろんなことを言って、一緒に考えて、そういうふうにしているうちに、一緒に作っていくのが楽しくなれば。そうやって住宅をつくっていくようにしています。

建物には緑で彩り
  住宅でも“サビ”の部分が必要だと思っています。公共施設などの大きな建物では、その建物の見せ場となるようなところが必ずありますが、戸建て住宅でも同じように見せ場をつくることは必要だと思うんです。
 僕は、建物をつくる際、必ず緑のスペースを提案しています。最近、よく見かけるようになったコンクリート打ち放しの建物は、それだけだと無機質な冷たい印象に見えますが、木や草花などを添えることで、穏やかな印象になり、木々が成長するに従って、建物の表情も変化します。コンクリート打ち放しの場合だけでなく、建物を塗装する場合には、緑との調和を考えて、少し控えめの色彩にするようにしています。そこに住む人にも緑を楽しんでほしいですね。緑の利用の仕方によって、その人らしさを表現することにもなるのでは。

お互いに肯定しあって
 住宅では柔らかい光の照明器具を取り入れてほしいですね。職場で一日中蛍光灯の光に照らされて働いているんですから、家に帰って、夕食のときなどは柔らかい光の中で、落ち着いた雰囲気のほうがくつろいで心地良い気持ちになれるのでは。
 最近は二階建ての住宅を依頼されることが多いですが、そのとき注意しているのは、家族の気配が感じられるようにすることです。子供室を二階につくるときでも、子供が外から帰ってきたことがわかるように階段の配置を考えて。
  また、インターネットが普及するようになって、各部屋にインターネットの配線を望む方々もいらっしゃいますが、僕は勧めません。家庭は社会に出る前の小さな社会です。だから、家族で暮らしている時間や、家族の人間関係を大切に味わうべき。そうしたいろいろなことを提案して、住む人に考えてもらうことも僕たちの仕事です。
 さまざまなことを話し合って、お互いに「こうでなければいけない」とか、「それは違う」とかではなくて、お互いの意見に肯定しあいながらつくっていくのが大切だと思っています。
大城 義春 (おおしろ よしはる)
1967年生まれ  沖縄県具志川市出身
1989年 東海工業専門学校 建築工学科 卒業  その後、10年間県内設計事務所で勤務。
1999年 築設計工房 設立

プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。