家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の住まいを手にするために、住まいづくりをしたい方と建築のプロとの出会いの場を提供するWebサイトです。
おきなわ建築Webについて 会員ニュース一覧お問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP家づくりのプロを探す設備をつくります 収納計画CASA > 代表者インタビュー 
収納計画CASA
紹介ページTOP 代表者インタビュー 実例紹介
   

代表者インタビュー

   

聞いてみました!
  〜 CASA代表・大城さん and インテリアコーディネーターの石川さん

 Q.社名になっている“CASA”にはどんな意味があるんですか?
A 大城−

CASAはイタリア語で「家」という意味です。イタリアの建築は、デザインが優れているのはもちろん、それぞれのライフスタイルや個性に合った機能も包括しているので、そういう風にデザインができればと思い、この名前にしました。
でも、ご年配の方などには「カーサムーチー」のカーサを連想させるみたいで、そう言われると「そうなんですよ、あのカーサのようにきれいに包める収納をつくりますよ」と言ってます(笑)
そう考えると、いろいろな解釈ができるこの名前には大変愛着がありますね。


 Q.そういう目でショールームを見ると、また違って見えますね。
A 大城− うちのこだわりはショールームなんです。図面を広げ、お客様とカタログを使って打ち合わせをしていても、明確なイメージが伝わりません。一般のお客様にとっては写真だけで判断するのは難しいのです。ショールームで実際のものに触れてもらい、お客様ご自身に合った高さや広さ、手に届く範囲を実感していただければと思っています。ショールームにいらっしゃったことで、「ここの高さを変えてほしい」とか「ここの色はこれがいい」という風に話が広がっていくことが多いんですよ。
いろいろなものを見ていただきたいので、度々モデルチェンジしたり、レイアウトを変えたりしています。多くの方に見ていただけたらと思います。お近くにお越しの際は、ぜひお寄り下さい。
A 石川− 今使われているキッチンを、ちょっとした配置をかえてみると、ぐんと使いやすくなったり、カラーリングを変えてみるだけで快適さがアップしたりということがあるんですよ。ショールームでは、今まで施工した写真などもご覧いただけますので、ぜひお気軽にお越しいただければと思います。たくさんの方々のお越しをお待ちしております。

  Editor's eye 〜編集部から〜
キレイなショールームで代表の大城さんとインテリアコーディネーターの石川さんにお話しを伺いました。お二人の印象は“とても気さくで、頼もしい”方たちでした。
「住宅はそれぞれ違いますし、住む人の使い勝手もさまざまです。使う人それぞれに使いやすいキッチンを提案していくのは、やっぱり大変なことですよ」と話しながら、「お客様にピッタリのキッチンや収納が出来上がったときは言葉では言い表せないほどウレシイ!」と笑顔のお二人でした。
キッチンがメインとなったショールームは“こだわり”というだけあって、必見です。ぜひ、訪れてみて下さい!

紹介トップページへ戻る >

プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。