家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです。
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について

TOP家づくりのプロを探す設計事務所を探す > 株式会社 青空設計 

(株)青空設計
紹介ページTOP 青空設計からのメッセージ
   

青空設計
嬉しい空は青い!
青空設計:完成物件のご紹介

かつて青空の下で働く大工さんのことを“青空公務員”と呼んでいました。
私たちは図面を描く仕事と同様、現場で職人さんたちと一緒に働くことも大事に考えています。
建てたい人、設計する人、建てる人が一緒になっていい家をつくる。
青空設計は“いい家づくり”を目指しています。
〜建築主直接分離発注方式を導入して高品質のローコスト〜
家を建てる工程をご存知ですか?
おおまかにいうと、身近なチラシや情報誌、インターネットでの情報収集、さまざまな情報を検討してその中から出会った建築のプロの方たちと契約をし、打ち合わせ、着工、その約半年後には完成引き渡しといった流れです。

家づくりにはたくさんの建築専門業者(型枠業、タイル業、鉄筋業、電気設備業、水道設備業など)が関わりますが、ほとんどの場合は、一つの建設会社と契約して、その建設会社が各建築専門業者に仕事を依頼します。そうすると、物の流通のしくみと同じように中間マージンが発生します。

建築主直接分離発注方式は、お客様自身が各建築専門業者と直接工事請負契約を結ぶ仕組みです。
そうすることで、中間マージンを省くことができ、当初かかる金額よりも15%ほどコストを抑えることができます。

もちろん、品質は変わりません。ただし、時間と熱意はかかりますけどね。
青空では、お客様にできるだけローコストで高品質な住宅を提供したいという思いから、
「建築主直接分離発注方式」を導入しました。

私たちが“自分スタイルの家づくり”をサポートします。
 
会社概要
会社名 株式会社 青空設計(あおぞらせっけい) 沖縄県知事登録第 184-2747 号
住 所

〒901-2215
沖縄県宜野湾市真栄原3-19-3

電 話 098-890-7000
FAX 098-890-7788
URL https://aozorasekkei.com/
E-mail お問い合わせフォームが開きます
代表者 大城 智子(おおしろ ともこ)
営業内容 住宅、店舗、アパート、マンション、オフィス等の企画・設計・監理
リフォーム、リノベーション(増改築)等の企画・設計・監理
長期固定金利住宅ローン「フラット35」事前審査
住宅瑕疵担保責任保険沖縄センター
私たちにお任せ!
《お客様の声から始まった青空のサービス》
  建築はまったく知らない人にとっては、とてもわかりにくいものです。
私たちは、これまで出会ったお客様たちから、さまざまなことを学ばせていただきました。
そうした声を生かして、“いい家づくり”を行うための工夫を行っています。
  『カラーイメージ・プランニング』
「素人の私たちが、図面を読み取るのは難しい」という施主さんの言葉をきっかけに、ラフプランの段階から平面図をカラーで提示することを始めました。部屋を用途別に色分けすることで、『配置にばらつきがないか』とか『複数の動線が重なっていないか』ということが確認しやすくなっています。
  『建築模型 』
平面プランが決定したら、図面をもとに模型を作成して贈呈いたします。
1・2階・屋根と取り外しができ、間仕切り壁まで作られた1/50縮小模型なので、玄関から入って部屋までの動線を、よりリアルに再確認できます。
後になって『ああすれば良かった』ということも少なくなります。
  『3DCG 』
これから出来上がる建物の完成予想図なので、模型と合わせてダブルの満足!
『こんな色にしてみたい』という施主さんの声をもとに作成します。
「完成前にイメージできて助かります」という声もいただいています。

これからも“いい家づくり”を行えるよう、さまざま工夫を見つけていきたいと思います。

質の高いローコスト住宅を  

家づくりのお手伝いをするようになってつくづく感じるのは、
家づくりにかかる金額は不透明だということです。おそらく家を建てたいと思っている人はとても多いはずですが、家づくりはたくさんの資金がかかることで、すぐに実現できるものでもない。また次から次へと買い換えられるものでもありません。

できるだけローコストで実現できる方法はないものかと考えて、「建築主直接分離発注方式」を導入することにしました。

夢を建てます!青空設計
日本では設計事務所が描いた図面を現実の建物として完成させていくために、建設会社と契約して、施工を進めていきます。
でも、建設会社には、実際に細かな作業を行う職人さんたちが所属してはいませんから、建設会社が家づくりに必要な各建築専門業者にそれぞれ依頼する仕事をするわけです。

そうすると、経費が発生します。

家づくりには実にたくさんの建築専門業者が関わります。例えば、コンクリートを流し込むために必要な型枠業、キッチンや浴室、トイレなどに必要なタイルを張るタイル業、内部ではふすまや障子、作り付けの家具などを作る木工事業、外部では屋根の瓦や塗装業、庭をきれいにするためには造園業、駐車スペースや外周りを整える外構工事業など、実にさまざまな職種が必要です。

それらの建築専門業者と契約を結ぶ際に発生する経費は、当然、お客様の負担になり、家づくりのコストに反映されるのです。

私たちが導入している「建築主直接分離発注方式」は、図面が出来上がったら、複数の各建築専門業者に見積もりを取り、その中から仕事を依頼する業者を一つずつ選んでいく仕組みです。

そうすることで中間マージンを省くことができ、通常(建設会社に一括依頼した場合)よりも15%ほどコストを削減することができます。家づくりにかかる費用は1千万円単位。その15%というと大きな額です。

アメリカやヨーロッパでは当然に行われている仕組みです。

これまで、チラシなどで「ローコスト住宅」とうたっているものの多くは、建物や設備の質を落としたり、使える資材を限定したりすることでローコスト化を図っていました。

しかし、住宅は長く住み続けるもの、そこに住まう人々が健康で快適に暮らすものです。
建物の基本的な質を落とすことは、「こうじゃなかったのに」という後悔になるかもしれません。

後悔しながら長い間ローンの支払いをすることは、大きなストレスになるかもしれません。
私たちは建物の質を落としてまでローコストにこだわる必要はないと考え、建物の質は落とさずにローコスト化を図るため、「建築主直接分離発注方式」にたどりつきました。

この仕組みを円滑に進めるためには、私たちはもちろん、お客様にも頑張っていただかないといけません。
私たちとお客様は家づくりを進めるためのパートナーという関係にあるのです。


家づくり“人まかせ”はダメ!

家づくりの作業は、お客様にとってわかりにくいものばかりです。
また、いろいろなことを決定しながら作業を進めなければいけません。図面だけでは判断しにくいですから、私たちは 3DCG や模型で説明しています。

設計の段階では、すぐに図面を描くのではなく、お客様のことを十分に知るために、いろいろなお話を聞かせていただいています。

家に対する夢や将来の希望、家族のこと、趣味のこと、ほんとにいろいろです。
お互いで十分なコミュニケーションができてはじめて、“いい家”ができるのだと思っているので、一番必死かもしれません。

家をつくるのはタイミングだと思いますが、家づくりは人まかせにしてはいけないし、衝動買いでもダメです。
自分の住む家で、高いお金を払ってつくるものだから、じっくり考えて参加することです。

私たちと一緒に家づくりをすると、設計の場だけでなく建築現場に行くことも多くなります。
青空のスタッフは、現場の状況を把握して、一緒に作業もしてしまうスタッフばかりです。

ぜひ、私たちの事務所へお越しください。

プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。