家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです。
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP > 【沖縄の原風景との対話 建築家金城信吉の世界】
   

沖縄の原空間との対話 建築家金城信吉の世界
「シマー、ミーランナトーン」

 

主催者のことば

8月の15日から 20日まで、「沖縄の原風景との対話 建築家金城信吉の世界」展を開催いたします。

南風原中央公民館は、すでに新しい公民館が完成し、今年末に解体される予定です。
33年間使用した建物に感謝の意味を込めて、この建物で行う最後のイベントとして、
設計に関わった南風原町の建築家金城信吉の展示会を開催することになりました。

金城信吉は、沖縄県建築士会・島尻支部を創設し初代支部長を務めた人物でもあります。
現在の私たちの活動の礎を築いてくれました。

金城信吉が私たちに伝えたかったことは何だったのか、
彼が大事に思っていた沖縄の原風景とは、どんなものだったのか。
展示会では、建築の写真や図面ではなく、
金城信吉が生前、数回にわたって開催した 建築写真展「沖縄の民家」や
逝去後に仲間たちによって行われた遺作展で展示されたパネル、
彼の残した多くのメッセージの中から抜粋してご紹介する予定です。

最終日では、金城信吉が毎日のように通った、沖縄の音楽家・海勢頭豊さんの店『パピリオン』が
一日限りの復活をいたします。

『パピリオン』は、沖縄県内外の文化人たちが集い交流する店でした。
ジャーナリストだった筑紫哲也さん、詩人・川満信一さんをはじめとした、
建築に限らず工芸、芸能、芸術の世界で、素材に命を吹き込むことを生業としていた人たちと
ともに語り合い、ともに共鳴し合う場所でした。
金城信吉は『パピリオン』に訪れることを「夜の神々に会いに行く」と表現していました。
多くのファンを持つ『パピリオン』は2005年に閉じてしまいましたが、
今回の展示会の最終日に、特別に1日だけ復活をいたします。
多くの皆さんのご参加を得て、ぜひ当時の雰囲気を再現できたらと願っております。

建物の寿命を永くすること、街の新陳代謝をもっとゆっくりとすることが、まちづくりに必要なことであり、
風景や景観、地域の文化維持に繋がると考えます。

金城信吉は約40年前にそう感じ、沖縄の離島をめぐりながら民家の写真を撮り続け、
写真展を行っていました。
今回、役目を終える南風原中央公民館の最終イベントとして、
設計に関わった金城信吉が伝えたかったことを皆さんと一緒に感じたいと思い、
このイベントを企画いたしました。

ぜひ、多くの皆さんのご来場をお待ちしております。

 

沖縄県建築士会 島尻支部 「沖縄の原風景との対話 建築家金城信吉の世界」実行委員会

ご協力いただいた皆さま
<後援>
南風原町教育委員会  社団法人 日本建築家協会JIA沖縄支部  パピリオン友の会

<協賛>
(有)門  (有)門一級建築士事務所  (株)IMI CORPORATION  アトリエ更囲  伊志嶺敏子 一級建築士事務所
(有)イスト  (株)伊是名ブロック工業  InOUT architects  大里総合建材(株)  (株)沖縄日立  (株)越智アトリエ
(有)義空間設計工房  (株)金城キク建設  (株)金城組  司法書士金城洋子事務所  國設計  KYタイル(株)
一級建築士事務所 斎  (株)建築設計同人 匠才庵  (有)照電社  (有)新環境創造研究所  スケヨシ旅行サービス
(株)総合設計玉城  (株)大幸電設  (有)龍設備工業  (株)棚原組  てぃーだ建築設計室  tin architects
(有)テクノ建設  (株)照正組  (株)豊都建設  (株)トップライン  (有)友建産業  鳥壱 Bird One  (株)仲本工業
(株)新三施工  一級建築士事務所 西設計  (有)南風原工務店  パナソニック電工リビング九州(株)沖縄支店
ひろし畳店  Five Dimension  松島電気工事  (株)松山タクシー  (有)モブ  (株)吉長  米元建設工業(株)
(株)ラテン  アトリエ・ネロ  パス建築研究室  おきなわ建築Web
金城信吉

1934年12月1日〜1984年4月10日
沖縄に生まれ、沖縄にて昇華す。
建築家
代表作品に海洋博沖縄館、那覇市民会館その他多数
日本建築士連合会第1回会員作品展優秀賞
第1回沖縄建築士会事務所協会共催「コミュニティーセンターとしての美術館コンペ」1等当選 県知事賞受賞
著書に『沖縄原空間との対話』(沖縄タイムス出版文化賞受賞)がある。

その激しいウムイ(情念)によって沖縄を愛し、人々に感銘を与え、建築が重要な芸術空間であることを認識させ意識させんと捨て身で努力した人
“ジョーさん”の愛称で人々に親しまれ、「琉球讃歌」のリズムに乗った彼の踊りはまさしく沖縄の原空間との対話そのものであった

 

「沖縄原空間との対話 金城信吉建築遺作展」パンフレットより

「沖縄・建築家たちの言説」へ
 


プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。